Governance Compliance

ガバナンス・コンプライアンス

scroll

内部統制システム基本方針

フォーラムエンジニアリングは、持続的な企業価値の向上を目指す上で、コンプライアンスの遵守や、適切なリスク管理に向け、内部統制システムに関する基本方針並びに体制整備に必要な事項を定め、取組を行っています。現状の内部統制システムの運営、確認を行うとともに、継続的な見直しによって、内部統制システムの有効性やリスクマネジメントの向上を図っています。

事業等のリスク

当社は、事業を進める上での様々なリスクの特定、リスク低減に向けた適切な対策の構築を目的に、リスクマネジメントの基本方針及び推進体制に関する基本的事項を定めたリスクマネジメント規程を定めています。事業活動及びその他付随するリスク要因のうち、特に発生の可能性が高いと想定されたリスクについては、コンプライアンス委員会においてモニタリングを行うとともに、リスクとなる事象が発生した際には、総務担当部門、内部監査担当部門等の関係部門が連携し、対応策の協議決定、再発防止策等の対応を行います。

危機管理体制(BCP)

当社は、事業継続計画(BCP:Business Continuity Plan)の基本方針を以下の通り定め、経営に甚大な影響を及ぼす危機に直面した場合においても、事業継続を実現するため、全役員・社員が自覚し、取り組んでいます。

●社員とその家族の安心、安全を最優先とする
●有事においては、全役員・社員が自らの使命・責任を自覚し、自らの意思で行動する
●可能な限り速やかな事業再開を目指し、顧客への影響を最小化する
●想定外の事態発生にも柔軟な対応が可能となるよう、平時から、BCPに対する意識の向上、継続的維持改善に努める

自然災害、新興感染症、サイバー攻撃等、経営資源に損害を与え、業務の停止・機能低下をもたらしかねない事象や緊急事態に迅速かつ一貫して対応するために、対策本部等の組織を設置し、危機管理体制の確立に努めています。

情報セキュリティ

当社は、派遣事業、人材紹介事業を営む企業として、個人情報を含む情報・データの機密性、完全性、可用性の確保と、情報・データを取り扱う上での責任を認識し、「情報セキュリティ基本方針」や情報セキュリティ基本規程等を定め、 情報・データの適切な管理と保護の徹底に努めています。万一、サイバーインシデントが発生した際には、情報システム担当部門が主管となり、社内横断的な対策チームを立ち上げ、早期の対応・収束を図る体制を整える等、情報セキュリティを確実にする仕組みを構築し、実践しています。