Governance Compliance

ガバナンス・コンプライアンス

scroll

コーポレート・ガバナンスに関する
基本的な考え方

フォーラムエンジニアリングは、コーポレート・ガバナンスを経営上の重要な課題と位置づけています。コーポレート・ガバナンスを機能させるために、経済・社会の構造的変化や当社を取り巻く経営環境の変化に迅速に対応できる業務執行体制の確立と適切な管理・監督体制を合わせて構築することで、経営の効率化及び適正性、透明性の向上を図っています。コーポレートガバナンス・コードの各原則を踏まえた対応については、コーポレート・ガバナンス基本方針を定めた上で、「コーポレート・ガバナンスに関する報告書」を開示しています。

推進体制

当社は監査役会設置会社の体制を採用しています。
取締役会は人員数の3分の1以上を独立社外取締役で構成しており、当社の持続的な成長と中長期的な企業価値の向上に努めるとともに、経営の重要な意思決定及び各取締役の職務執行を監督しています。

監査役会は、過半数以上の社外監査役で構成され、経営から独立した立場で取締役の職務執行を監査しています。また、取締役の人事及び報酬の客観性・透明性の向上のため、「指名・報酬委員会」を任意に設置しています。

取締役は、原則月1回開催される取締役会において、経営に関する重要事項等について、審議・決定を行う他、経営会議や、コンプライアンス委員会からの報告・助言を通じて、適正な意思決定を行う体制を整えております。

内部監査室は、監査計画や監査の結果のうち重要なものについて、取締役会及び監査役会へ直接報告する仕組みに加え、代表取締役へ直接報告する体制を構築しており、ガバナンスの向上に努めております。

推進体制 推進体制