KONDO Racing Teame

Forum Engineering Inc.

ABOUT KONDO RACING / RACE QUEENABOUT KONDO RACING / RACE QUEEN

吉美 あや Aya Yoshimi

生年月日
2月3日
趣味
旅行、ジム通い
特技
韓国語
(日常会話レベル)
資格
全商簿記1級
普通自動車免許
  • 昨年に引き続き、KONDO Racingのメインスポンサーのレースクイーンとして活動されていますが、吉美さんが感じるチームの魅力、雰囲気を教えていただけますか。

     チームの魅力はいっぱいあるのですが、1年間、チームの皆さんと一緒に活動させていただいた中で一番感じたのは、スタッフ全員が心の底からチームを愛しているところでした。言葉ではなく、静かな愛みたいなものを常に感じていました。レースのスタート時はピットで見守るのですが、スタッフの皆さんが祈るように手を組んで見つめている姿がすごく印象的でした。そして、良い成績でドライバーが戻って来た時には、みんなが涙を流して喜ぶ。チームを愛していなければ涙が流れるようなことはないと思うんです。
     チームの雰囲気は、本当に皆さん優しいんですよ。もちろんレースの時は雰囲気がピリつきますが、それ以外では和やかな印象ですね。このチームの雰囲気は、近藤監督の性格によるところも大きいのではないかと思っています。監督はとても有名な方ですが、全然気取ることなく気軽に私たちにも接してくださるんですよ。そんな監督のキャラクターがKONDO Racingのカラーにも影響を与えているのかなと思います。

  • 昨年の活動を踏まえ、今期の意気込みを聞かせてください。

     昨年はレースクイーンとしては初心者マークで、至らない点が多々あり凹むこともありましたが、今期はレースクイーンのお仕事について分かったこと、気を使わなければいけない場面や行動も理解できていますので、チームのために昨年以上のサポートができればと思っています。

  • 以前からレースやクルマに興味や関心はあったのでしょうか?

     昔からクルマは好きでした。何しろ、赤ちゃんの頃、泣いてぐずっていてもクルマに乗せると泣きやむ子だったらしいんです(笑)。レースにも興味はあったのですが、インターネットでレース用語やルールを調べても、なかなか理解できなくて。興味はありながらも、そこで止まっていた感じでした。でも、レースクイーンになることができて、実際にサーキットでレースに触れる経験を通じて、やっといろんなことが理解できるようになってきました。

  • 吉美さんが思うレースの魅力を教えてください。

     チームが一丸となって戦うところです。監督、選手、エンジニアさん、メカニックさん、裏で走り回っているスタッフさん…たくさんのチームメートが同じ目標を持って真剣に戦っている。そこに魅力を感じます。でも、それは私がレースクイーンとして、チームの一員として現場を体験できているからこそ感じられることなのかもしれません。今まで知らなかった新しい世界を見ることができて幸せですね。
     レースファンとして感じる魅力としては、まずクルマがカッコイイ。サーキットだからこそ味わえるクルマのエンジン音や独特の匂いも大好きです。サーキットに来ると、まさに五感で楽しめると思います。

  • レースクイーンとしてチーム内でのご自身の役割、また活動の中で意識していること、心がけていることを教えてください。

     スポンサーのアピール、チームの応援、チームに華を添えることはもちろんですが、やっぱり大好きなチームのために少しでも役に立ちたい気持ちが大きいですね。例えば、ピットウォークなどのイベントは日差しの強い中で行われることも多いので、ファンサービスをされる選手に傘で完璧に日陰を作る。チームの一員として少しでも役に立てるようにと常に心がけています。

  • 選手をはじめ、エンジニアなどのチームスタッフと、どのようにコミュニケーションを図っていますか。

     あいさつを大切に、常に笑顔で接しています。あまりお話しするタイミングがないからこそ、「今日も安全に、頑張ってください!」という気持ちを込めて、あいさつするようにしています。また、接点が少ないからこそ自分から接点を作ってコミュニケーションを図るよう心がけています。スタッフの皆さんが良い気分で仕事ができるように、少しでもそのお手伝いができればと思っています。

  • エンジニアの方のこだわりや凄さを感じたエピソードがあれば教えてください。

     私からすると全てが凄すぎるのですが、印象的だったのは去年のタイ戦ですね。プロペラシャフトが折れてスタートできなかったんです。最初はどこが原因か分からない状態だったのですが、問題箇所を特定し、すぐに修理して走らせ、無事完走することができました。レースをよく知っている人からすると当たり前なのかもしれませんが、クルマに対する知識やこだわりが本当に凄いと素人ながらに思った出来事でした。何より、トラブルが起きても皆さん諦めないんですよ。一所懸命直している。その姿を間近で見ていて胸が熱くなりました。

  • レースに華を添える存在として、観客に注目してほしいポイントはありますか?

     私たちレースクイーンとしては、今年のコスチュームにも注目していただきたいです。スカートの横の部分に切れ目が入っているなど、細部にまでこだわったデザインなので、上品な大人の魅力を感じていただければと思います。
     アイドルのような可愛いコスチュームのチームが多い中、フォーラムエンジニアリングという会社のイメージを大切にした、上品でカッコイイ、少しスポーティーな印象のコスチュームを楽しんでいただけたらと思います。

  • 最後にファンに向けてメッセージをお願いします。

     いつも応援ありがとうございます。昨年に引き続き、今年もフォーラムエンジニアリングギャルとして活動させていただくことになり、本当にうれしく幸せに思っています。サーキットで見かけたら気軽に『よしみん』と声をかけてくださいね。
     昨年、KONDO Racingは一度も表彰台に上がることができませんでした。それがとても悔しくて、もう1年、KONDO Racing、フォーラムエンジニアリングを応援したいと思っていた願いが叶い、今年もレースクイーンをやらせていただけて幸せです。今年はドライバーが表彰台に上がる姿を絶対に見たい。そのためにはファンの皆さんの応援も必要なので、一緒に表彰台の頂点を目指しましょう! 引き続き、KONDO Racingと吉美あやの応援を宜しくお願いします。