KONDO Racing Teame

Forum Engineering Inc.

ABOUT KONDO RACING / RACE DRIVERABOUT KONDO RACING / RACE DRIVER

J.P.デ・オリベイラ J.P. de Oliveira

生年月日
1981年 7月13日
出身地
ブラジル
身長
173cm
体重
66kg

レース戦歴

1997
カートデビュー
1999
南米F3選手権 クラスB チャンピオン
2000
全南米F3選手権参戦
2003
ドイツF3選手権 シリーズチャンピオン
2004
全日本F3選手権 シリーズ2位
2005
全日本F3選手権 シリーズチャンピオン
2006
SUPER GT GT500クラス ハセミモータースポーツより参戦 シリーズ15位
2007
全日本選手権フォーミュラ・ニッポン KONDO RACINGより参戦 シリーズ8位
SUPER GT GT500クラス KONDO RACINGより参戦 シリーズ10位
2008
全日本選手権フォーミュラ・ニッポン KONDO RACINGより参戦 シリーズ6位
SUPER GT GT500クラス KONDO RACINGより参戦 シリーズ14位
2009
SUPER GT GT500クラス KONDO RACINGより参戦 シリーズ8位
2010
全日本選手権フォーミュラ・ニッポン TEAM IMPULより参戦 シリーズチャンピオン
SUPER GT GT500クラス KONDO RACINGより参戦 シリーズ10位
2011
全日本選手権フォーミュラ・ニッポン TEAM IMPULより参戦 シリーズ3位
SUPER GT GT500クラス TEAM IMPALより参戦 シリーズ5位
2012
全日本選手権フォーミュラ・ニッポン TEAM IMPULより参戦 シリーズ5位
SUPER GT GT500クラス TEAM IMPALより参戦 シリーズ4位
2013
全日本選手権スーパーフォーミュラ TEAM IMPULより参戦 シリーズ5位
SUPER GT GT500クラス TEAM IMPALより参戦 シリーズ9位
2014
全日本選手権スーパーフォーミュラ TEAM IMPULより参戦 シリーズ4位
SUPER GT GT500クラス TEAM IMPALより参戦 シリーズ6位
2015
全日本選手権スーパーフォーミュラ TEAM IMPULより参戦 シリーズ4位
SUPER GT GT500クラス TEAM IMPALより参戦 シリーズ2位
2016
全日本選手権スーパーフォーミュラ TEAM IMPULより参戦 シリーズ8位
SUPER GT GT500クラス TEAM IMPALより参戦 シリーズ8位
2017
SUPER GT GT500クラス KONDO RACINGより参戦 シリーズ16位
  • これまでにいろいろなレースのカテゴリーを経験された中で、SUPER GTの魅力とは何でしょうか。

     魅力でもあり特徴でもあると思うのは、競争が盛んなところですね。SUPER GTシリーズには日産、トヨタ、ホンダの自動車メーカー3社と、タイヤメーカー4社が参加しているので、チーム間、メーカー間の競争は非常に熾烈です。日本国内では最高峰の自動車レースといえるでしょうね。

  • SUPER GTにおけるKONDO Racingの強みは何ですか。

     昨年、7年ぶりにKONDO Racingに戻って来ましたが、チームの雰囲気は変わってないなと感じました。とても団結力が強く、チームスタッフが家族のような温かさがあります。他のチームにはない雰囲気がある。そこが、強みといえるかもしれませんね。

  • 今期のマシンをドライビングする中で感じた手応えを教えてください。

     今年のGT-Rはハイスピードのコーナーリングに、しっかり対応できていますね。2月にマレーシアのセパンで行ったテストでもラップタイムは良かった。単純にライバルチームとの速さの比較は難しいけれど、セットアップも新しい方向性のものを見つけることができましたしね。昨年のマシンに比べて、ダウンフォースはかなり強力ですよ。

  • 今期からパートナーがルーキーの高星明誠選手に代わりましたが、オリベイラ選手がドライビングやレースの進め方について指導されることはあるのでしょうか。また、オリベイラ選手からみた高星選手の魅力やドライバーとしての強みはどんなところでしょうか。

     ミツ(高星選手)は、才能豊かな若いドライバーだと思います。ミツには生まれ持ったスキルとスピード感覚がある。それが彼の強み。確実に、ドライバーとしての明るい未来が待っているでしょうね。ただ、昨年までとは違う、新しい環境でのレースとなるので、きっと緊張する場面もあると思うんです。その点では僕には長いキャリアがあるので、彼の手助けができればいいなと思っているし、いつでも相談に乗ってあげたいですね。

  • チームスタッフとコミュニケーションをとるうえで、意識していること、心がけていることはありますでしょうか。

     チームスタッフは気心知れた仲間なので、十分なコミュニケーションが取れていると感じています。しっかり、コミュニケーションを図ることで、より速いクルマの改良を目指しています。

  • KONDO Racingとしての今期の目標、また、オリベイラ選手自身の今期の目標を教えてください。

     目標はチームとしても、僕自身にしてもレースに勝つことですね。残念ながら昨年は表彰台に上がれませんでしたが、今期は何回か勝てるチャンスがあることを期待していますし、そのために全力を尽くします。

  • 最後に、このサイトを見てくれているエンジニアや、ファンの方々にメッセージをお願いします。

     いつもチームを応援し、サポートしてくれてありがとうございます。皆さんの期待に応え、喜んでもらえるよう、素晴らしい結果を出すために頑張ります。