KONDO Racing Teame

Forum Engineering Inc.

ABOUT SUPER GT / SUPER  GT について

© NISMO

What’s SUPER GT? そもそもSUPER GTって何?

「SUPER GT」というレースをご存知ですか?
主に日本国内で開催されるレースイベントで、
国内最高峰の自動車レースです。

01 異なるクラスのマシンが同じレースで走る 2クラス混走レース

SUPER GTの特徴は、「2クラス混走レース」だということです。
最大出力が約500馬力の「GT500クラス」と、最大出力約300馬力でGT500より改造範囲に制限がある「GT300クラス」という、
異なる車両規則のマシンが、同じレースで同時に走ることになります。
馬力が違うクラスが入り混じることにより、機材やレース展開など総合的な戦略が必要になってきます。

※KONDO Racingは、GT500クラスのNISSAN GT-Rで出場しています。

GT500クラス 参戦車種
  • ・NISSAN GT-R
  • ・LEXUS LC500
  • ・Honda NSX-GT
GT300クラス 参戦車種
  • ・TOYOTA PRIUS
  • ・SUBARU BRZ
  • ・LOTUS EVOLA
  • ・TOYOTA 86
  • ・TOYOTA MARK X
  • ・NISSAN GT-R
  • ・Mercedes AMG GT3
  • ・HONDA NSX GT3
  • ・BMW M6
  • ・PORSCHE 911
  • ・AUDI R8
  • ・LEXUS RC F
  • ・LAMBORGHINI HURACAN
  • ・FERRARI 488 GT3
  • ・BENTLEY CONTINENTAL GT3

02 2クラス(GT500とGT300)の見分け方

2つのクラスの見分け方は、3点あります。

  • ①フロントウインドウステッカーの色の違い
  • ②ヘッドライトの色の違い
  • ③ゼッケンの色の違い

GT500白色、もしくは透明GT300黄色

03 必ず2人1組で 1台のマシンを走らせる

SUPER GTは、2人1組で1台のマシンを走らせる“耐久レース形式”です。
ドライバー1人が走行できる距離は、レース距離の2/3と決まっています。

※超ロングレースでは第3ドライバーが登場する場合もあるので、例外もあります。

04 ピット作業

ピット前で作業できるのは、メカニック5人とドライバーのみ。
ここでは主にドライバーの交替とタイヤ交換、給油作業が行われます。
安全を確保するためタイヤ交換と給油は同時に行えず、タイヤ交換にあたる人数も2人だけ、
と厳しくルールが決められています(もちろん、違反した場合はペナルティ)。

05 タイヤについて

ブリヂストン、ミシュラン、ヨコハマ、ダンロップ。
SUPER GTには、4つのタイヤメーカーが参戦しています。タイヤメーカーによって、長所、短所は様々です。
タイヤという要素が加わることで、より複雑になり、全く展開が読めない白熱したレースが毎回繰り広げられます。

06 2種類のポイントについて

SUPER GTには、チームポイントとドライバーポイントの2種類のポイントがあります。
レースの結果によって2種類のポイントを重ねていき、勝敗を決めるシステムになっています。

※下記のウエイトハンデシステムは、ドライバーポイントが基準になっております。

07 ウエイトハンデシステム

一人勝ちを許さないルールとして、「ウエイトハンデシステム」というルールが導入されています。
レースで優勝を含め上位に入賞したマシンは、その順位に応じて、次戦から「重り」をマシンに積まなければいけません。1ポイント事に、約0~2KGの重りを載せなくてはならなくなり、1レース勝利するごとに過酷さをましていきます。

08 予選について

予選では、2回の走行がノックアウト方式で行われ、
決勝でのスタート順番を決めます。

予選1回目Q1
予選1回目(Q1)は、15分間の全車一斉タイムアタックを行い、8位以内のチームのみが予選2回目(Q2)へ進み、
進めなかった9位以下のチームは、その時点でタイム順に決勝でのスタート位置が決定します。
予選2回目Q2
予選2回目(Q2)は、予選1回目(Q1)から10分の休憩を挟んで、残った上位の車が12分間のタイムアタックを行い、
タイム順に決勝でのスタート位置を決定します。

各予選の途中でピットに戻れないトラブルが出た場合は、次のラウンドに進めるタイムが出ていても、
次のラウンドではタイム無しとなり、それまでのベストラップで決勝でのスタート位置が決定します。

今シーズンのSUPER GTは、
2017年シーズン以上に激しい戦いが予測される。