エンジニアの仕事

  • 電気系
  • 業界について

    業界について

    私たちの生活に欠かすことができない電気。暮らしの中の身近な製品のほとんどに電気に関連した部品が使用されています。私たちが何気なく過ごす快適な毎日は、電気と電力の仕事に携わる人々に支えられているといえるでしょう。景気に左右されず、安定した仕事に就けることが電気・電子業界の最大の強みです。
  • 仕事内容

    仕事内容

    パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ICカードなど、私たちの身の回りには電子技術を用いた製品があふれています。これらの製品の開発や、製造ラインに電力を供給するシステムの開発をしているのが電子・電気系の研究技術者です。電子部品、新素材、コンピュータ本体など多岐に渡る分野に活躍の場が広がっています。企業間の技術開発競争の中、常に速く、効率よく、まだ世に出ていない製品を生み出すことが要求されています。
  • 働き方と生活

    働き方と生活

    主に電気・電子機器メーカーの民間企業で研究や商品開発に携わることが一般的です。勤務スケジュールは就業先企業の事業計画をもとに決まります。開発部門に関しても、事業計画をもとにした研究をすることになります。
  • 向いている人

    向いている人

    物理、数学など理数系の学問が得意であり、機械の構造に強く、探究心に富んでいる人が向いています。常に新しいチャレンジを求められる仕事のため、失敗した時に原因を分析する根気が必要です。自分のアイデアを積極的に形にしていきたいと考える人は、開発部門向きです。
  • 将来性

    将来性

    自動車の電子システムやロボット開発においては、新しい発想による研究開発が盛んに行われており、将来的にも大きな可能性を秘めています。最先端技術の開発競争が国内外を問わず激しさを増しているため、企業の生き残りをかけて、優秀な人材の確保が急務となっています。
  • 今後求められることについて

    今後求められることについて

    現状では、大規模かつグローバルな事業に対応できる即戦力にプラスして管理能力・語学力を身につけた人ほど、将来の活躍フィールドが広がるといえます。しかし最先端技術は日進月歩で進んでおり、一つの業界の知識では足りなくなってきています。近い将来、専門分野以外の多種多様なジャンルの技術と知識が要求される時代になるでしょう。