エンジニアの仕事

  • 組み込み系
  • 業界について

    業界について

    私たちの身の回りにある家電製品には、組み込みエンジニアの仕事が詰まっています。例えば通信機器、家電、AV機器、運輸機器といったものには電子機器が使われていますが、そのほとんどに組み込みシステムが入っています。組み込みシステムの大きな役割は、搭載するハードウェアの性能を最大限に引き出すことです。さまざまな物と物が情報を共有し、全ての製品が繋がりをもつ時代を目前に控え、開発の現場では組み込みエンジニアの育成が急務になっています。
  • 働き方と生活

    仕事内容

    組み込みエンジニアの仕事は、基本設計→詳細設計→プログラム開発→テストという流れが一般的です。納期間近は残業が多くなるのは否定できませんが、自分の仕事の成果をリアルに感じることができる"モノ作り"の現場だからこそ、多忙な環境を楽しむことができます。
    「組み込み」の世界はまだコレといったフローが確立されていない分野のため、試行錯誤を繰り返して開発を進めていく必要がありますが、自分の実力を仕事に反映しやすいというメリットがあります。通信・AV機器・画像処理とさまざまな開発に携わることが可能です。各個人が、1つの専門知識を深く掘り下げる研究者として仕事に従事できる環境ですので、専門分野のスキルを伸ばすことができます。
  • 向いている人

    働き方と生活

    組み込みソフトウェア開発の仕事では、PCを使用してプログラミングし、デバッグを行います。C言語によるプログラミングのスキルが必要となります。多くの製品は特定用途に特化したツールがあり、装置としてのハードウェアも、それを動かすソフトウェアも多種多様です。必然的に開発環境も多種多様となっており、メカトロニクスやエレクトロニクスの知識や技術が必要とされます。製品によっては、小型化、高性能化、そして大量生産のためにシステムに様々な制約がつくので、開発において克服しなければならない課題が次々に出現します。常にスキルアップを目指す積極性と先輩の指導に甘えることなく、自らも知識や技術を習得する意欲を持っている人、メカトロニクスやエレクトロニクスの領域に対する興味関心が強い人が、組み込みソフト開発者に向いていると言えます。
  • 将来性

    将来性

    組み込み系エンジニアの需要は毎年2桁の割合で増加しています。そのため慢性的な技術者不足であり、数万人規模の技術者が不足している現状が経産省の調査で明らかになっています。需要が急増している要因は、組み込みシステムの適用分野の拡大、1台の機器に組み込むコンピュータ数の増大、機器の機能の大規模化・複雑化、機器のネットワーク化などが挙げられます。少子高齢化に伴い、ますます日本の人口が少なくなっていく中、より一層組み込み系エンジニアが求められることになりそうです。
  • 今後求められることについて

    今後求められることについて

    組み込み業界には確立された分野がなく、日々新しいことに取り組まなくてはならないのが現状です。技術を磨き、スキルアップし、多種多様な分野への知識が必要になることは間違いありません。