ENGINEERS 04 2007年入社/金沢フォーラム所属 北川厚志

整ったライフワークバランスで、様々な仕事に挑戦できる。

整ったライフワークバランスで、様々な仕事に挑戦できる。

私自身、様々なことに対する好奇心が非常に強いため、フォーラムエンジニアリングの「いろんな仕事に挑戦できる」「様々な場所で働くことができる」というポイントはとても魅力的でした。福利厚生がとても充実していることもあり、入社を決定したのですが、やはり同じことをずっと続けるよりも、(フォーラムエンジニアリングの正社員として)様々な職場で様々な分野の仕事ができることは一番の理由ですね。とはいえ、ライフワークバランスはきちんと取りたかったので、週末はちゃんと休めることも条件でした。そうした希望にもきちんと応えてくれたのがフォーラムエンジニアリングでした。

目指すはものづくりのプロジェクトリーダー。

現在の就業先では、ネットワーク機器(業務用ルーター)のソフト開発、ソフトの基本設計から試験、評価までを担当しています。もともと、ロケットを開発している人に憧れがあったので、ものづくりに興味があったんです。ですので開発の業務はまさにものづくりの過程があるので楽しいですね。
また、現在の就業先には4年以上務めており、開発を任された機能については自由に作らせてもらっています。時間もコントロールできていますし、
充実しています。現在は特定装置の機能単位で開発を任されていますが、将来的には装置全体を見渡せるプロジェクトリーダーになりたいですね。

一緒にゲームをするほど、就業先の雰囲気はいい。

一緒にゲームをするほど、就業先の雰囲気はいい。

現在の就業先に務めて合計7年が経ちますが、例えば違う分野のことをやってみたいと思ったときに、就業先を変えることで違う分野の仕事に就くことができるため、様々なチャレンジが可能だと思っています。今は装置全体を管理するプロジェクトリーダーになりたいという目標があるので、次の就業先のことは考えていませんが。それに、就業先の職場の雰囲気も非常にいいです。自分に合っている。気軽に業務の相談もできますし、みんなでゲームをやったりしますよ(笑)。

とにかくトライしてみること。アップデートし続けること。

2007年にフォーラムエンジニアリングに入社してから、7年間で難易度の高い資格をいくつも取得しました。昨年はセキュリティスペシャリストの資格の取得を評価され、社長賞を受賞することができました。セキュリティスペシャリストとは、一般的にセキュリティ部門のプロが取るような資格で、合格率は低く、若い人で持っている人は少ないと思います。
一度資格を取得しても、年々新しい規格が出てくるので、問題の更新も多いんです。資格免許は更新制ではありませんが、常に勉強し続けないといけない。情報分野は日々進歩しているので、職場だけでなく専門誌を通して情報を取り入れるよう努力しています。その成果を資格試験を通して、自分の力になっているかどうか確認するようにしているんですね。
とにかく「トライしてみること」は常に大切にしています。例えば指示された業務内容に違和感を感じたとしても、とりあえず一度やってみる。やってみることで気付くこともあり、改善案を出すことでスムーズに作業を行えるようになるからです。

ENGINEERS 04 2007年入社/金沢フォーラム所属 北川厚志

エンジニアが業務に集中する。そのためのスムーズなサポート。

実は今の就業先には、過去に一度行っていたことがあるんです。一度目の就業後に別の会社に就いたのですが、現在の就業先に戻る先の調整を、フォーラムエンジニアリングの担当営業の方が迅速に行ってくれました。私たちエンジニアが自分たちの業務に集中できるために、そうした業務外の部分でのサポートが整っていることはフォーラムエンジニアリングで良かったなあと思える大きなポイントですね。あとはやはり、周りが羨ましがるようなホテルに福利厚生でリーズナブルに宿泊できることでしょうか(笑)。

エントリーする

「やりたい仕事」を目指すテクノアーティスト®たち