KONDO Racing Teame

Forum Engineering Inc.

ABOUT KONDO RACING / RACE DRIVERABOUT KONDO RACING / RACE DRIVER

高星 明誠 Mitsunori Takaboshi

生年月日
1993年 1月24日
出身地
神奈川県
身長
167cm
体重
60kg

レース戦歴

1998
レーシングカートデビュー
2003
SL大井松田シリーズ Jrカデットクラス(シリーズチャンピオン)
SL全国大会 Jrカデットクラス(優勝)
東日本ジュニア選手権 Jrカデットクラス(シリーズチャンピオン)
2004
SL大井松田シリーズ TIAエキスパートクラス(シリーズチャンピオン)
SL全国大会 TIAエキスパートクラス(優勝)
御殿場シリーズ TIAエキスパートクラス(シリーズ2位)
2005
全日本ジュニアカート選手権参戦 1勝
2006
ジュニアカート選手権 榛名大会 優勝
2007
大井松田SL SSクラス シリーズチャンピオン
SL全国大会 SSクラス(4位)
ROTAX MAX CHALLENGE JrMAXクラス シリーズ2位
ROTAX MAX グランドファイナル ドバイ大会 JrMAXクラス
マカオ カートGP JrMAXクラス(4位)
2008
全日本カート選手権 KF1クラス参戦 シリーズ7位
2009
全日本カート選手権 KF1クラス参戦 シリーズ4位
2010
NDDPスカラー生としてフォーミュラチャレンジ・ジャパンに参戦
2011
NDDPスカラー生としてフォーミュラチャレンジ・ジャパンに参戦、シリーズ7位
2012
NDDPスカラー生としてフォーミュラチャレンジ・ジャパンに参戦、シリーズ3位
2013
NDDPスカラー生として全日本F3選手権 Nクラス参戦(NDDP RACING)シリーズチャンピオン
2014
スーパー耐久シリーズ(ST-Xクラス)にスポット参戦
2015
SUPER GT(GT300クラス)にNDDP RACING より参戦
ドライバーランキング4位、チームランキング3位
2016
ブランパンGTシリーズにNissan GT Academy Team RJN より参戦 ドライバーランキング25位、チームランキング11位
(エンデュアランスカップではドライバーランキング9位 チームランキング7位)
SUPER GT GT500クラスにMOLAよりスポット参戦し、3位表彰台
SUPER GT・GT300クラスにDIJON RACINGよりスポット参戦
全日本F3選手権にスポット参戦 (B-MAX Racing Team with NDDP)シリーズ4位
2017
全日本F3選手権(B-MAX Racing Team with NDDP )(シリーズチャンピオン)
SUPER GT・GT300クラスにNDDP RACINGより参戦(シリーズ16位)
  • 高星選手は今期からKONDO Racingのドライバーとなりましたが、同チームに対してどのような印象を持たれていましたか。また、加入後に感じているチームの雰囲気、魅力を教えてください。

     まだチームに加入してから、それほど時間が経っていませんので、これからいろんな部分が見えてくると思うのですが、現段階で感じているのは、良い意味でみんなマイペースだなってことですね。

  • 高星選手は昨年までSUPER GT300クラスに参戦。今期からGT500にステップアップしたわけですが、レースに賭ける意気込み、また周りからの期待をどう受け止めているか聞かせてください。

     GT500クラスは、ずっと憧れていた場所なので、GT300からステップアップできてうれしいです。JP(オリベイラ選手)さんもフォーミュラ(2010年フォーミュラ・ニッポン)でチャンピオンになっている実力者で、すごく速いドライバーであることは知っていますので、チームメートとして一緒に力を合わせて頑張っていきたいと思っています。
     周りからの期待に関してですが…、周りがどう思うかは自分の結果次第なので、常に速さを見せ続けることが大事だと思っています。

  • 今期のKONDO Racingのマシンの特長、手応えを教えてください。

     2月上旬にマレーシアのセパン・インターナショナル・サーキットでのテストに参加しましたが、新しいエアロパッケージはダウンフォースも増しているのが分かりましたし、良い感じだなと思いました。レースでの走りは、これからの部分もありますが、予選の一発は速いと思います。

  • KONDO Racingのエンジニアチームの凄さやこだわりとは。また、それを感じた具体的なエピソードがあれば教えてください。

     今後、レースを繰り返す中でエンジニアチームの本当の凄さやこだわりが見えてくるのだと思うのですが…。現時点では、僕が乗る24号車は他のGT-Rよりも車重があるので、それを解決しようと細かいところまで見てくれている、そのこだわりは凄いなと感じています。

  • 現時点での課題などがありましたら教えてください。また、その課題をどう解決、克服していこうと考えているかお聞かせください。

     マシンに関して言うなら、先ほどもお話ししましたが、予選での走りは良いんです。一発の速さはある。ただ、ロングランのペースが悪いですね。解決策としてはマシンに適したタイヤを開発するしかないのかなと思っています。

  • パートナーのジョアオ・パオロ・オリベイラ選手とは、どのようにコミュニケーションをとられていますか。また、高星選手から見たオリベイラ選手のドライバーとしての魅力、人としての魅力を教えてください。

     JPさんとは日本語と英語の両方でコミュニケーションをとっているのですが、なるべく自分から話しかけるようにしています。ドライバーとしては大先輩ですし、速いことはよく知っています。あくまで僕から見てですが、良い意味で外国人っぽくないところがJPさんの魅力だと思います。

  • 高星選手ご自身の強みを教えてください。また、ドライバーとしてさらに高みを目指すために取り組んでいることがありましたら教えてください。

     強みは…自分で言うのは難しいですね(笑)。ただ、喜怒哀楽をあまり表に出さないようには意識しています。常に冷静な精神状態でありたい、と言うか。ドライバーとして必要な要素でもあると思うんですよ。

  • KONDO Racingとしての今期の目標を教えてください。

     まず、勝つことですね。そして、最終戦までチャンピオンの可能性を残せるよう、チーム一丸となって戦っていきたいと思っています。

  • 高星選手ご自身の今期の目標、さらに将来の目標を教えてください。

     予選でのポールポジションがほしいですね。狙っていきたいと思います。僕としてはチャンピオンというよりも、まずは1勝することを考えています。それを実現できれば、いろいろなことが良い方向に向いていってくれると思うんですよ。まずは1勝という目標を掲げて、チームやJPさんと一緒に頑張っていきます。そして今年、日産として『フォーミュラE』に参戦するのですが、こちらも頑張っていきたいですね。

  • 最後に、このサイトを見てくれているエンジニアや、ファンの方々にメッセージをお願いします。

     繰り返しになりますが、まずは1勝目指して頑張りますので、応援を宜しくお願いします。